2019年の手帳

ほぼ日手帳‐プランナー2019

 

娘の小学校も3学期が始まりました。

冬休みが終わり今日からまた日常の再開。

 

今年のブログ最初の記事はほぼ日手帳。

ほぼ日手帳オリジナル版よりもよりシンプルなPlannerを愛用しています。

最近落ち着いている使い方は、マンスリーを予定表として、そして1日ページを記録帳として書き込む方法。

昨年のお正月の一日ページを見て、年始に必要な雑費の確認が出来たのが便利でした。(初詣で購入するお札の初穂料や、家族の新年会で親戚の子どもにあげるお年玉、娘がもらったお年玉の額など)

 

手帳用の筆記具はkakunoの万年筆です。

数本持っているので、気分で黒軸に透明のキャップを合わせています。

ペン軸は一番細いEF。

手帳カバーはほぼ日には少し大きいけれど、DELFONICSのラウンドケースを去年から使っています。いつかArts&Science限定のカバーを使ってみたい。

 

名入れ出来るkakunoを発見!↓