万年筆用のインクーMONTBLANC の Midnight Blue

MontblancのインクとKakunoの万年筆

 

先日万年筆とインクの記事を書いたら、↓

手帳用のお気に入り万年筆とインク沼 去年からほぼ日プランナー用の筆記具に万年筆を使っています。 Kakunoの一番細いEFの万年筆。いわゆる極細です。...

 

また新しいインクが欲しくなって・・・買ってしまいました。

Montblancのミッドナイトブルー。

ブルーブラックと呼ばれるカテゴリーの色です。

ネットで色んな方のブログを見てブルーブラックインクの色味を比較して(色味はPCのスクリーンによっても変わるのであくまでも参考程度)、最終的にMontblancのミッドナイトブルーに決めました。

Montblancのインクボトルは開ける時にワクワクする

 

箱を開ける瞬間はワクワクします。

パッケージもかっこいいー。

Montblancのインクボトルがかっこいい

 

じゃーん!

高級感溢れるボトルです。

Montblancのインクと新しいKakuno万年筆

 

買い足したKakunoも開封!(透明軸でペン先はEF)

ブラックのカートリッジインクが一本ついているけれどそれは使いません。

(カートリッジを使う場合はペン先に差し込んで準備完了。)

Kakunoの万年筆にコンバーターを装着

 

Kakunoに手持ちのパイロットのコンバーターを装着。ぐっと押し込むだけ。

ティッシュと使い捨てのビニール手袋を用意していざインクを吸入。

初めてコンバーターにインクを吸入した時に素手でやったら指にインクがたくさんついてしまったので、それ以来ビニール手袋を使っています。吸入の作業自体ではつかないんだけれど、その後にペン先と首軸を拭くのが苦手でどうしても指にインクが・・・  作業自体も新聞紙やいらない紙などの上でやった方が無難ですね。

Kakuno万年筆にモンブランのインク完了

 

吸入作業が終わって準備完了!

透明軸はインクが透けて見えるのが好き。

インクの減り具合も一目で分かるし。

モンブランのミッドナイトブルー(ブルーブラック)を試し書き

 

で、早速試し書き。(「Montblanc」の書き方間違ってます 汗)

せっかくなので比較してみました。手持ちのLAMYのEF(上)とKakunoのEF(上)。

どちらも同じMontblancのミッドナイトブルーのインクを入れています。

おんなじEF(極細ペン先)なのにこんなに違う。

線の太さが違うと色も違って見えますね。

そしてやっぱり太い方が万年筆らしい味があります。

手紙や人に渡すメモとかだったらLAMYで書きたい。

 

 

文房具が好きな方はこちらも↓

日本ブログ村テーマ文具・文房具

 

ブログ村のランキングに参加しています。
応援クリックしていただけるとうれしいです :)

  ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ